犬を飼うことが若返りにつながるという研究!

2014y07m29d_063056870

 

40歳を過ぎる頃になってくると、そろそろ気になってくるのが体の老化、体力がなくなってきたり、記憶力が落ちてきたり、シミやシワが目立ってきたりと、気づけばなんとかしたいと思うものです。

最近は、そうした人のニーズに応えることを目的にさまざまな、抗加齢、アンチエイジング関連の商品やサービスなどが提供されるようになっていますね。イギリス・スコットランドのセント・アンドルーズ大学が行った研究成果に犬を飼うことのアンチエイジング效果が発表されて話題になっているようです。

心と体は、密接につながっていると言われてます。メンタルヘルスの向上は、アンチエイジング的にも重要だと言われています。犬を飼うことで、このメンタルヘルスがかなり良好になるようですね。

驚くべきは、10歳は若返るというデータが出ているところ。高齢になると外に出ること自体が億劫になるものですが、犬が居ることで散歩に出る機会も増え、結果、人と触れ合う機会にもあります。

それに、人の感情に敏感な犬との触れ合いは、心に安らぎをもたらしてくれるそうです。自分で飼っていなくても、犬と触れ合う機会を持つことで、違うようですね。

 

[出典:最強のアンチエイジングは犬を飼うこと – 犬を飼っている人は10歳ちかく若返るという調査結果=アメーバニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ