子供に噛みついたピットブル犬の獰猛性?

2014y08m13d_053201309

 

暑いとイライラするのは、人間だけではありませんね。どちらかというと暑さをこのまない犬にとってもあまり好きな季節じゃないかも?獰猛な性格の犬は、イライラするとやっぱり危険なのかもしれません。

イギリスで起こった事件ですが、闘犬の流れを汲むピットプル犬が、4歳になる男の子を襲い、ほほの肉を食いちぎるほどの大怪我をおわせたことで、衝撃をあたえています。もともとの性格に、猛暑の影響もあったようです。

闘犬としてそだられてしまうと、やっぱり、性格も獰猛になってしまうようですね。男の子に噛みついた日は、この犬もかなりイライラしていたそうで、男の子とちょっとした行動にも反応するような状態だったのでしょう。

ちょうど、この犬を管理する人がいなかったそうで、後々問題になりそうです。もちろん、その後、この犬は殺傷処分になったようですが、犬の管理には、十分な注意が必要ですね。

日本でも、この間、ハイジ村の犬が、お客に噛みついたというニュースが話題を集めていましたが、暑い季節は、どこの国の犬もイライラしているのでしょう。

 

[出典:暑さでイラついた”ピットブル犬、4歳男児の頬を切り裂く!BIGLOBEニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ