牧羊犬の羊を移動させるコツをパターン化?

2014y09m02d_055403965

 

原理とか原則って、応用次第では、いろんなところに役立つってきますよね。最近では、コンピュータの発達とGPS機能の向上によって、これまでは、解明できなかったことも、数値化して、パターンを見出せるようになっています。

面白い研究が、牧羊犬の羊追いの規則を研究するといったものです。羊を意図する方向に追いやって、集団で移動させるには、ある原則というか一定のパターンがあるようです。

牧羊犬が、どうやって、羊追いができるようになるのか、訓練の詳細はわかりませんが、ある程度経験を積むことによって、パターンを見出しているのでしょう。

牧羊犬は、密集させてから移動させていることがわかるそうで、密集が十分にできていない間は、移動させることはないようです。100頭以上は、コントロールすることが可能だということが数値的に解明されたようですね。

さて、この研究をどんなところに応用できるのか?ちょっと疑問に思ってしまいますが、こうした、何でもない研究が、大きな発見につながることがあるので、応用研究に期待したいものです。

 

[出典:群れの心理、牧羊犬の羊追いの規則を解明 研究=AFPニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ