犬のお腹にこんな事していいの?

2014y10m05d_055851126

 

最近は、倫理の問題というか、昔だったら、道徳的にそんなことしないでしょう?って事が多く起こっていますよね。最近では、あまりにも日常的なくらい多いので、ビックリする事が少なくなるほどかと思います。

ポーランドの獣医師さんがとった行動が、波紋を呼んでいるようです。開腹した犬のおなかを縫合する時に、なんと、I LOVE YOUという文字をステッチして、それをフェースブックに投稿していたそうなんですね。

しかも、手術をしたあとではなく、関係のないところを文字で表現するためにぬってしまったとか。医者の倫理にかかわることと、大学だけの問題だけでなく、大手メディアまで広がっての騒ぎになっているとか

恋人に喜んでもらおうと思っておこなった行為のようですが、当の本人も呆れてしまっているようですね。でも怖いのは、こんな事はいけないという判断がこの獣医師の感覚のなかになかったところですね。

たまたま、一人の獣医師の問題として、でてきたわけですが、氷山の一角でなければいいのですが?日本もちょっと心配になってきますね。

 

[出典:【海外発!Breaking News】獣医の卵、「恋人のため」手術後の犬の腹に“I LOVE YOU”と縫うライブドアニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ