犬の血液を猫に輸血って大丈夫?

犬の血を猫に輸血するって?聞いただけで、何か怪しい感じがしますが、ネットで調べてみると、犬の血で猫が助けられたという事例が意外とあるんですね。

2014y10m09d_060235639

 

人間の場合でしたら、同じ人間同士でも、血液型の違いから当然拒否反応が起こってしまうので、他の獣の血なんて、輸血しようという発想さえも起こりません。

普通だったら、他の動物の血液を輸血したら、拒絶反応を起こすんじゃない?って思ってしまいますが、研究事例があるそうで、猫が犬の赤血球に対して、抗体をもっていないことが考えられているようです。

今回、猫に犬の血液を輸血したところが米フロリダ州のマラソン動物病院というところです。貧血の猫に対して、最終手段として、犬の血液を使ったというもの。

血液は、犬専門の血液バンクから取り寄せたもののようです。赤血球と血漿が分離したものを使用したそうです。輸血から一ヶ月経過し、今ではすっかり元気になっているようですね。

すでに、犬の血液に対しては、抗体ができているので、次の輸血はできないそうです。

 

[出典:貧血治療で犬の血液を猫に輸血。患者の猫は完全回復をみせる=IRORIO]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ