犬をほめる時はスキンシップがいいようです!

2014y10m15d_060118711

 

人間には、厳しくしてのびるタイプと、ほめられることで伸びるタイプの二つがあります。前者は、どちらかというと少数派、後者の方が圧倒的に多いですね。やはり、ほめられることで、脳からいいホルモンがでてくるようです。

犬の場合も基本は、同じ、ほめて、しつけをしたり、芸を仕込んだする方がやっぱりいいようです。そして、ほめてあげるときは、声でかけるよりも、ほめるときに、しっかりなでてあげるほうが、いいようですね。

フロリダ大学とアリゾナ州立大学が共同した研究によると、単に声をかける人よりも、なでてくれる人の方に積極的に近寄ってくるという実験です。

この間、バラエティ番組だったと思うのですが、実験で、上司が、女性の部下を、個室に呼んで、仕事についての面接をした時、最後に、よく頑張ってるねって、頭を撫でるという所作をするというのがあったのですが、

ほとんどの女性で、好感度が上がったというのがありました。言葉でのコミュニケーションができない犬は、スキンシップの方がいいんでしょうね。

 

[出典:言葉じゃなくて、触ってあげて―犬が喜ぶほめる方法=アメーバニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ