犬の本当の気持ちがわかるといいですね!

2014y12m03d_060251437

 

人と犬との関係には、随分と長い歴史があります。元々、狼の系列を持つそうですが、人間との長い生活は、随分と変わってきているようですね。犬の気持ちについての研究は、今のところ、実用化段階までには、至っていないようですが

脳の研究から、人が思っている以上に、飼い主さんの事が大好きで、気になっているということがわかってきているようです。よく、老人施設など、犬を飼い始めたことで、老人の表情に変化が見られるなどの話を聞きますが

普段、人と交流する機会が減っている人にとっては、感覚的につながりがあるなどがわかるのでしょう。アメリカの大学の研究によると、犬は、人間と優しさや悲しさなどの感情を共有することがわかってきたそうです。

人との間で、気持ちが通じる、伝わる時って何となく、雰囲気でわかるものですが、それと同じことが犬との間に起こっていることになるのでしょう。

将来、犬の気持ちを解釈できる、機械が開発されれば、犬とのコミュニケーションも面白くなりそうですね。

 

[出典:実際のところ犬は人間のことをどう思っているのだろう?脳スキャンで明らかになった犬の本音は、「それでも人間を愛してる」=エキサイトニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ