肛門腺絞り

ペット美容室では、肛門腺絞りを行います。肛門腺絞りとは何なのでしょうか?

肛門腺絞りとは

犬には、肛門を中心に時計に例えると4時と8時の左右の位置に、肛門嚢というものがあります。これはスカンクなどにもある、悪臭のある分泌物を溜め込む袋のことです。

肛門嚢に溜め込まれた分泌物は、通常排便の際などに排出されるのですが、ワンちゃんの中には、この分泌物の排出が元々苦手な子がいます。

その為、この肛門嚢に溜め込まれた分泌物を人間の手で絞って出してあげるのが、肛門腺絞りです。

肛門腺絞りの必要性

ではなぜ、肛門絞りをしなければならないのでしょうか?
.
肛門嚢に分泌物が溜まったままになってしまいますと、肛門嚢炎などの病気を引き起こしてしまいます。その為、1ヶ月に1度を目安に、肛門嚢を絞って分泌物を排出してあげる必要があるのです。

グルーミングのメニューに組み込まれている事が一般的です

ペット美容室では、肛門腺絞りを行っているとお話しましたが、「肛門腺絞り」という単体のメニューがあるところは稀です。

通常、グルーミングのメニューに肛門腺絞りが組み込まれているか、グルーミングやトリミングの際、飼い主からオーダーがあった場合に、ペット美容室がサービスで行うというものです。

実は、肛門腺絞りは医療行為でもありませんし、特別難しいものでもないので、飼い主が自宅で行う事も可能です。

しかし、多少臭いがある分泌液が出てきますから、シャンプーをする前に肛門腺絞りができる、グルーミングやトリミングの際に行うのがベストという訳です。

この病気は、日ごろのケアで簡単に予防できる病気です。目安は1ヶ月に1度、飼い主が肛門嚢を絞って分泌物を排出してあげます。病院や美容院で、肛門嚢の絞り方を教えてもらえば、飼い主にも簡単にできます。

ワンちゃんが、肛門を気にする仕草をしたら、肛門嚢を絞る時期だと思って、定期的に肛門嚢絞りを実施してください。

もしどうしても自分で出来ないという場合は、トリミングの時などに、トリマーさんにお願いしましょう。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • 犬専用酸素カプセル

    今、人間の間でも大人気の酸素カプセル。 実は犬用の…

  • ハーブパック

    100パーセントオーガニック素材のハーブを使って、犬の全…

  • ペットエステ

    ペット美容室のメニューにエステメニューを用意しているとこ…

  • 肛門腺絞り

    ペット美容室では、肛門腺絞りを行います。肛門腺絞りとは何…

  • グルーミング

    ワンちゃんの、日常的なボディの手入れをグルーミングといい…

  • カット・トリミング

    ペットの美容室を利用するにあたり、一番多いメニューがトリ…

ページ上部へ戻る