カット・トリミング

ペットの美容室を利用するにあたり、一番多いメニューがトリミングだと思います。トリミングとは、バリカンやはさみで被毛を整えたり、耳などの毛を抜いたりして、被毛を整える技術です。

トリミングとは、具体的にどのような事をしてくれるのでしょうか。

カウンセリング

飼い主とワンちゃんが来店すると、まずはカウンセリングを行います。目視のおよび飼い主からのヒアリングをおこない、ワンちゃん体調のチェック、皮膚や被毛の状態の確認をします。

最近ワンちゃんについて気になる事や、カットの要望などは、このカウンセリングの時に伝えます。カウンセリングシートを用意しているペット美容室も多いです。丁寧なペット美容室ですと、検温を行うところもあります。

トリミングの流れ

流れに関しては、ペット美容室によって前後する項目もありますし、トリミングの内容もペット美容室によって異なりますが、大体の流れと内容をご紹介します。

まずは、耳掃除や爪きり、ブラッシングや肛門周りのバリカンを行います。このような作業をこなしつつ、健康状態も再度、チェックしていきます。

その後、シャンプーをします。シャンプー剤は、数種類用意してあるペット美容室が多く、ワンちゃんの状態に合わせたものを使います。

シャンプーは、やさしく丁寧に行います。2度洗いしてくれるペット美容室が一般的です。

シャンプーが完了すると、タオルドライをしてドライヤーで乾かします。ドライヤーは、その後のカットに、思いきり影響を与えるだけに、丁寧にかつ皮膚を傷つけないよう注意し、ブラシで毛を伸ばしながら行います。

ドライヤーが完了したらカットです。バリカンやはさみを使って丁寧に、飼い主の要望どおりの長さとスタイルにカットします。この時、ワンちゃんに傷をつけないように、十分に気をつけて作業をしていきます。

カットが完了したら、トリミング終了です。

トリミングの時間

トリミングにかかる時間は、犬種やカットの方法、そしてワンちゃんの大きさや性格(大人しくしていられるかどうか)などで多少異なりますが、大体2時間から4時間ぐらいです。

ペット美容室の環境、例えば病院併設で、トリマーが他の業務を兼務しているなどの事情がある場合、時間が長くなる傾向があります。

要は、実際にトリミングにかかっている時間ではなく、ワンちゃんの待ち時間が長くなりがちという事です。

ペット美容室内でトイレができず、我慢してしまうワンちゃんもいますので、トリミング時間が長すぎるペット美容室は、ワンちゃんのトイレやストレスを考えると避けたほうが無難でしょう。

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

スポンサードリンク

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る