ペット美容室を経営するのに免許証は必要?

開業するために必要なのは動物取扱業の登録だけ

人間を相手にする美容師、理容師は国家試験で就業のための学習時間、卒業試験まで厳格に決められていますが、愛犬を含むペットの美容室を開業するためには国家試験などなく、各都道府県知事、または政令市長に動物取扱業の登録を行うだけです。つまり誰でもペット美容室を開業することができるわけですね。

愛犬をカッティングしたりグルーミングする人をトリマーと呼びますが、じつはこのトリマーもまったく資格を必要としていません。ペット美容室を経営するための動物取扱業さえ登録してあれば、ペット美容室に勤務して働くこともできますし、トリマー自身がいきなり店を開くことも可能なのです。

最終的な判断は資格ではなく実力

ペット美容室のトリマーは資格を持っている人が多くいますが、これらの資格は民間団体による公認です。ジャパンケネルクラブや日本ケンネルカレッジなどが有名で、独自のカリキュラムを組み、それらを修了後、卒業試験を経て資格を取得できるようになっています。

また、一部の民間団体は実技の講習や試験を行うことによって動物取扱業の登録ができる仕組みになっているところもあります。

もちろん、資格はないよりもあった方がいいですよね。しかし、人間を相手にする美容師、理容師でも資格を持っているだけでは顧客獲得はできません。ペット美容室のトリマーも結局は資格よりも技術がモノ言う世界です。

その技術はカッティングやグルーミングだけでなく、愛犬の皮膚病や嗅覚、聴覚の病気に対する知識も必要ですし、カッティングやグルーミングをしている時に愛犬を飽きさせない工夫も大切です。トリマーとしての資格を持っていなくても経験値の高いトリマーはたくさんいるので、飼い主は自分の目でトリマーの実力を見極める判断力が必要です。

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ピックアップ記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る