ペット美容室の選び方

ずっとお世話になるペット美容室。いくつか選択肢がある場合、どのように選べばよいのでしょうか?

ご近所仲間に相談する

犬にとって、トリミングやグルーミングはストレスにもなり、疲労もするものです。それだけに、いくら評判がよいからといってあまりにも遠いペット美容室にお願いするのは考えものであります。

できれば自宅近く、ちょっと長めのお散歩レベルで行けるショップが理想的で、近くにペット美容室がない場合でも、車で30分ぐらいの距離が限界かと考えます。

そこで一番頼りになるのは、近所の犬友に相談する事です。短毛種で、ペット美容室を利用していないというワンちゃんもいるかもしれませんが、長毛種のワンちゃんであれば、多くがペット美容室を利用しているはずなので、良き先輩として近所の良いショップを教えてくれるはずです。

動物取扱業登録証を確認しましょう

動物愛護管理法という法律で、ペット美容室(正確には、美容業者)は第一種動物取扱業を営む者として、事業所・業種ごとに都道府県知事または政令市の長より、動物取扱業の登録を受けなければならないという決まりがあります。

またペット美容室(正確には、美容業者)は、動物の管理方法や飼養施設規模や構造に関して、細かい基準があり、これを守らなければならないとされ、法律を違反した場合、罰則が設けられております。

その為、ほとんどのペット美容室では、動物取扱業の登録を行っており、「動物取扱業登録証」というものを、目立つところに掲示してあるはずです。
この動物取扱業登録証および、その番号を確認しましょう。

僅かとはいえ残念ですが、無許可で出店しているお店や、自宅や出張で勝手にトリミングを行っているトリマーもいるのが現状です。大切な命を、数時間ではありますがお願いするわけですから、動物取扱業登録証の確認は、最低限度の飼い主の義務だと思います。

ペットの個性を考えた選び方

例えば、病院併設のペット美容室も結構多いです。元々病弱であったり、持病を抱えていたり、高齢のワンちゃんなどは、ペット美容室で行われるサービス自体が、体に負担となるわけですから、病院併設のペット美容室を選択するのがベストでしょう。

ただし、病院やペットショップ併設であったりすると、トリマーが色々な業務を兼務している可能性もあり、今度は施術時間が長く、ワンちゃんに負担となってしまうケースもあります。併設であっても、トリマーが業務を兼務していないところが理想的です。

また、個人経営や出張サービスなど、愛犬にマンツーマンでサービスを行ってくれるショップやトリマーもいます。他のワンちゃんが苦手だったり、新しい環境を極度に嫌がるワンちゃんは、このようなスタイルを選択できるところを選ぶのもおすすめです。

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ピックアップ記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る