動物病院によって治療費用が違う場合は?

動物病院は自由診察なので料金が違うのは当たり前

犬の治療方法はさまざまな方法があり、その治療方法によって料金が変わってきます。これは人間の治療でも同じですね。高い医療器具と難しい手術を行えば治療費は高くなります。

人間の場合は健康保険や生命保険があって治療費を抑えることができますが(もちろん一部の難病には保険適用できないケースもあります)、犬の場合、動物病院側から請求される金額を支払うしかありません。

しかし、実際の治療費は動物病院側が決定するのであって、動物病院の統一的な料金体系はありません。これが動物病院によって料金が異なる大きな理由です。

多少の上下差は仕方ありませんが、やはり一般的な治療や怪我に対しては全国的な相場を調べておき、大きく差が生じる料金体系の動物病院は避けた方が賢明です。

事前に治療費を確認して明細をはっきりさせる

たとえば足の骨折では診察料が1500円、血液やレントゲンなどの検査費用が7000~10000円。手術費用が40000~70000円ぐらい、入院費が小型犬で1日3000〜5000円。だいたいこれくらいの費用が平均額と言われています。

治療は安いに越したことはありませんが、やはり大切なのは完治させること。高い治療費を取る動物病院に必ずしも一流の獣医さんがいるとは限りませんが、やはり高い治療費の分だけ、しっかり治療を行っているところもあります。

治療前には必ずどのくらいの費用が必要になるのか、それらの費用の明細は何なのか、しっかり確認しておくことで双方の誤解を回避することができます。

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ピックアップ記事

かかりつけの病院は1ヶ所あればいい?

2つも3つもかかりつけの病院はいりません 基本的には近隣にホームドクター、信頼できるかかりつけの獣医さんがいればいいでしょう。何度もい…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る