動物病院で最低限必要な設備とは

血液検査の方法を聞いておく

病気はさまざまな方向から発見できます。排泄物や分泌物、血液、それから犬の状態など。その発見を助けるのが医療器具です。

どの動物病院でも用意している病気発見の為の検査医療器具があり、その基本的な医療器具のある病院をホームドクターとすることが最低条件ですね。

基本的な検査医療器具とは尿検査、糞便検査、血液検査、心電図検査、レントゲン検査の医療器具です。尿検査や糞便検査のできない動物病院はないと思いますが、血液検査は動物病院によって大きく変わります。

というのも検査医療器具によって検査の種類が上下するからです。最低限、血球検査と血液生化学検査、CRPまで検査できるか聞いておいた方がいいですね。血液検査では肝疾患や腎疾患、感染症などさまざまな病気を発見することができます。

レントゲン検査や心電図検査はできるのか?

レントゲン検査は人間でも病気の疑いがあると最初に行う検査のひとつ。早期発見のためにもレントゲン検査は必要最低限の医療器具です。このレントゲン検査で分かる病気や症状も豊富にあります。

骨折や関節炎など骨の異常、肺炎など呼吸器の病気、さらに循環器系、泌尿器系などの異常を見つけたり、誤食、誤飲の時にも役立ちます。

最後の心電図は心臓機能の異常を発見するための検査医療器具です。犬の高齢化とともに心疾患が増えています。

とくに小型犬は老犬になると僧帽弁閉鎖不全症という弁膜症を発症しやすくなります。心電図は心疾患を特定する医療器具ではありませんが、心電図で異常を発見できれば早期治療や対処法を取ることができます。

病気になった時だけに限らず、健康診断でも心電図による検査を受けられる病院を探しましょう。

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ピックアップ記事

かかりつけの病院は1ヶ所あればいい?

2つも3つもかかりつけの病院はいりません 基本的には近隣にホームドクター、信頼できるかかりつけの獣医さんがいればいいでしょう。何度もい…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る