犬ヘルペスウイルス感染症

病気の概要

犬ヘルペスウイルスというウイルスに感染して起こる病気を、犬ヘルペスウイルス感染症といいます。
子犬、それも生後間もないワンちゃんが発症する病気で、大体、生後3週間以内に発症します。
産まれてすぐに、注意したい病気の一つです。

残念ですが、犬ヘルペスウイルス感染症を発症してしまいますと、長くても7日以内に死亡してしいます。
延命も難しいです。

犬ヘルペスウイルス感染症の潜伏期間は、1週間とされていますが、感染経路が母犬の胎内で胎盤を経由して感染というルートもあるため、潜伏期間は分かりづらいかと思います。
それ以外の感染経路は、出産時に産道からウイルス感染するもの、後は、母親の分泌物への接触感染などが挙げられます。

主な症状

犬ヘルペスウイルス感染症は、生後3週間以内に発症します。
最初に見られる症状は下痢です。
その後、母乳を飲まなくなり、嘔吐や呼吸困難などの症状が見られるようになってきます。

ひどくなると、腹痛の様子が見られたり、辛そうな泣き声になってくるのが特徴的です。
最終的には、亡くなってしまいます。
兄弟がいる場合、同じ病気に感染している可能性が極めて高いです。

治療方法

産まれたばかりの子犬が、下痢をしだしたり、母乳を飲めなくなりますと、犬ヘルペスウイルス感染症の可能性が高いと判断されます。

犬ヘルペスウイルス感染症の治療法はありません。
輸血や抗生物質を試みますが、完治は難しいです。

予防法もワクチンもありません。
ただ、兄弟がいる場合は、保温器に入れ、38℃前後の温度をキープして様子を見ることで、助かる場合も稀にあります。

ただ、犬ヘルペスウイルス感染症の原因は母親にありますから、この母親にその後、出産をさせないことで、犬ヘルペスウイルス感染症の子犬の出産を食い止めることは出来ます。
また、犬ヘルペスウイルス感染症が発症した出産現場では、徹底的な消毒が必要になります。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る