気管支炎

病気の概要

気管支炎は、人間のそれと同様、気管支に炎症が出てしまう病気です。

気管支炎の原因は、様々です。
ハウスダストや、ウイルス感染や細菌によるもの。
空気汚染や薬品による影響や、アレルギー性のものなどから、遺伝性のものや老化によるものまで、原因や要因の幅は広く、それだけに、どんなワンちゃんも気管支炎になる可能性を持っています。

また、一般的な気管支炎と分けて言われるものに、ケンネルコフ(伝染性気管気管支炎)というものがあります。
こちらは、伝染性の呼吸器感染症で、免疫力が少ない赤ちゃんや老犬に多い病気です。

ケンネルコフは、犬パラインフルエンザや犬アデノウイルスII型などのウイルス、気管支敗血症菌といった細菌などの感染が原因となります。
多頭飼いのオーナーは、1頭(1匹)がケンネルコフになった場合、他のワンちゃんへの伝染を注意しましょう。

ケンネルコフは特に、冬場に発症します。
飼育環境が汚かったり、病中病後などの体の抵抗力が弱っている時などは、感染危険度が増します。

主な症状

初期症状は、いわゆる空咳です。
症状が悪化していくにつれて、重い咳に変化していきます。

のどの痛みも出てきますので、食欲不振やノドへの接触拒否などが出てくるでしょう。
ひどい場合、呼吸困難になることもあります。

ケンネルコフの場合は、症状の出現が急です。
咳だけでなく、発熱もみられます。
混合感染をしていなければ、約一週間ぐらいと、比較的すぐに治ります。

治療方法

まず、単純な気管支炎なのか、それとも別の病気の症状なのかを見極めなければいけません。
その為、検査をきちんと行いその後、内科治療を行います。

使用されるのは、咳止めや気管支拡張剤、ステロイドなどです。
原因が細菌やウイルスの場合、抗生物質を投薬します。
その上で、安静と清潔な環境を第一にして、しばらくは大人しく療養する必要があります。

ケンネルコフについては、ワクチン接種で、ある程度の予防が可能です。

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る