リウマチ性関節炎

病気の概要

リウマチ性関節炎は、関節炎の一種で、体内の免疫機能の異常が原因で起こる病気です。
別名、免疫介在性疾患、膠原病とも呼ばれます。
自己免疫が、病気の発症に関わっているとされています。

比較的小型犬に良く見られる病気で、発症年齢は様々ですが、中年齢ぐらいまでのワンちゃんの発症が多いです。
若年期に発症すると進行が早く、症状が重くなる傾向があります。

リウマチ性関節炎は、発生部位に特徴があります。
一般的には、手首と中手指関節に発症することが多いです。
稀に、膝関節に症状が出るワンちゃんもいます。

主な症状

リウマチ性関節炎の症状は、手首と中手指関節に多く変化が見られます。
朝起きたときなどに、リウマチ特有の関節部のこわばりと痛みがあります。

また、関節部が腫れあがり、歩行障害が出てきます。
リウマチ性関節炎の特徴として、左右対称に腫れが進行するという現象が起きます。

リウマチ性関節炎は慢性化するのが一般的で、進行性の病気です。
進行していくと、発熱、食欲減退などの症状も出てきます。

徐々に関節の変形が進み、痛みや歩行障害がひどくなっていきます。
立ち座りの動作が大変になってきます。
最終的には、歩行自体が出来なくなってしまいます。

治療方法

リウマチ性関節炎は、進行性の病気です。
発症してしまいますと完治は困難で慢性化していきます。

その為、症状緩和を目的とした治療が中心となります。
炎症を抑える薬や、痛みを和らげる薬を投与します。
また、抗リウマチ薬も使います。

投薬以外には、超音波治療、温浴治療などを並行して取り入れていきます。

体重が重いワンちゃんは、その体重負荷がリウマチ性関節炎を悪化させる原因となってしまいますので、食事療法で体重を落としていきます。

リウマチ性関節炎の予防は不可能です。
進行性であり、痛みも伴う病気ですので、発症してしまってからの「進行を抑えること」が飼い主に与えられたミッションです。

そのためには、リウマチ性関節炎を早期発見することが重要。
少しでも早い治療で、少しでも関節炎の進行を抑えていきましょう。

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る