レッグ・ペルテス病

病気の概要

骨盤の下にある太ももの骨への血流が悪くなり、大腿骨の骨頭が壊死してしまう病気をレッグ・ペルテス病といいます。

レッグ・ペルテス病は、原因不明の病気です。
ただし、テリアやトイ・プードルのような小型犬に多く発症することから、遺伝的要因が強いと考えられています。

この病気は、少しでも早く治療をスタートすることが重要な病気です。

主な症状

足を引きずって歩いたり、足に力が入らないという様子が見受けられます。
「最近歩き方がおかしいわ。」という感じで症状が出る場合と、急に症状が出現するケースがあります。
また、股関節周囲の痛みもあるので、触られると痛そうにするワンちゃんも多いです。

レッグ・ペルテス病は、大半のワンちゃんがこのような症状を「片足だけに発症する」という特徴がありますが、稀に両足に症状が出るケースもあります。

また、レッグ・ペルテス病は、生後7ヶ月前後の子犬が多く発症します。
その為、小型犬のオーナーは子犬の時期、レッグ・ペルテス病に注意して育てていく必要があります。

治療方法

レッグ・ペルテス病は、症状の度合いによって治療方法が異なります。
比較的軽度の場合は、内科的治療を選択し、鎮痛剤で痛みを緩和させ、運動制限を行って経過観察に入ります。

ただ、これで完治するという病気ではなく、レッグ・ペルテス病自体は進行性の病であるため、最後は外科治療となります。
外科治療では、壊死した大腿骨頭の切除手術を行います。
術後はリハビリを進めていきますが、リハビリは長期間に及びますので、飼い主もしっかり頑張っていく必要があります。

遺伝的な要素が強く、原因も不明なだけに、レッグ・ペルテス病の予防策はありません。
ただ、小型犬に多く、レッグ・ペルテス病になりやすい犬種というのも分かっていますから、1歳ぐらいまでは日々、ワンちゃんの様子をしっかり観察し、もし症状が見られるようであれば、すぐに動物病院を受診しましょう。

レッグ・ペルテス病には、早期発見・早期治療が大切です。
なぜなら、治療が遅れると、歩行異常などの後遺症との闘いになってしまうためです。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る