関節炎

病気の概要

骨と骨をつないでいる部分には軟骨があり、骨を守り関節の動きを滑らかにする役割を担っています。
この軟骨に何らかの問題が発生し、関節の炎症を引き起こす病気を、関節炎といいます。

この関節炎は、およそ5分の1のワンちゃんに起こる症状です。
犬種問わず、成犬それも比較的高齢のワンちゃんに多く発症します。

加齢による老化現象によって軟骨が磨り減って起こるものや、肥満によって関節への負荷が大きくなり、軟骨に支障が出るなどが、主な原因です。

また、外傷性や運動不足による関節炎もあります。
股関節形成不全などの病気から、関節炎が生じるケースもあります。

主な症状

関節炎の症状は、持続的な痛みです。
関節の炎症は、そのままにしていると、どんどん悪化していきますので、痛みは増していきます。

足を引きずったり、立ち座りの動作の時に痛がったり、段差などを上り下りしたがらなくなります。
走る様子がパタッと見られなくなり、散歩も苦痛になるので嫌がります。

痛みが慢性的に続きますので、精神的に参ってしまい、攻撃的になったり静かになってしまったりと、性格面での変化も出てきます。

治療方法

股関節形成不全など、関節炎となった基礎疾患がある場合は、その治療に専念します。

それ以外の場合、まずは対症療法となります。
分かりやすく言いますと、症状の緩和です。
内科的治療で、痛み止めや炎症を抑える薬を投薬します。

対症療法で経過観察をしつつ、関節炎を根本治療するのは難しいので、これ以上悪化しないように努めます。
肥満のワンちゃんは、体重を落とすことが第一です。
そして、今までのように運動や散歩をしていると、関節に負荷がかかりすぎてしまいますので、運動制限を設けます。

食事も大切です。
グルコサミン、コンドロイチン硫酸など、軟骨に良いとされる栄養素を、意識して取り入れていきます。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る