股関節形成不全

病気の概要

股関節の形成異常や股関節が変形してしまう状況を、股関節形成不全と呼びます。
股関節形成不全は、歩行異常が出る病気です。
別名、股関節形成異常とも呼びます。

股関節形成不全の原因は、遺伝であるとされています。
大型犬の発症がほとんどで、シェパードやレトリーバーなどに多く見受けられる病気です。
遺伝以外にも、肥満や無理な激しい運動なども、股関節形成不全の原因として考えられています。

主な症状

股関節形成不全の特徴的な症状は、「歩き方がおかしい」という歩行異常です。
足を引きずったり、痛がったりする様子が見受けられます。
走る時の様子がいつもと違ったり、飛び跳ねるような歩き方をしたり、散歩を嫌がるなどの症状も出てきます。

遺伝的な要素が強い病気だけに、早いワンちゃんでは生後5ヶ月前後から発症します。
股関節形成不全は大型犬に多い病気なので、大型犬のオーナーは、幼少期より股関節形成不全に注意し、症状を見落とさないようにしていきましょう。

治療方法

歩行異常に気が付いたら、すぐに動物病院を受診します。
痛みがある場合が多いので、愛犬のためにも早期治療をしてあげたいものです。

股関節形成不全の治療は、ワンちゃんの年齢や症状によって判断します。
若くて症状が軽い場合は、まずは体重を増やさないように食事管理を行います。

それと並行して、鎮痛剤と抗炎症剤などの投薬治療を進めます。
これによって、関節の痛みの進行を抑えていきます。

重度の股関節形成不全の場合は、外科手術となります。
術式は色々ありますので、年齢などを加味して、ワンちゃんの負担にならないような手術を選択していきます。

股関節形成不全は、遺伝的要素が強い病気です。
それだけに、親が股関節形成不全の場合、その体質を受け継ぐ可能性があります。
ワンちゃんの父母が、股関節形成不全であったか否かを、愛犬を迎える時に確認し、もし親にそのような病気があった場合は、より一層、注意して生活をしていく必要があります。

具体的に一番気を付けたいのが、肥満です。
体重が増えると股関節への負担が大きくなりますので、小さい頃からの食事管理が大切になってきます。
あまりにも激しい運動も、予防を考えるなら避けたいところです。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る