骨折

病気の概要

骨折は、交通事故や高所からの転落が原因で起こることが大半です。
病気が原因で起こる骨折もあり、骨腫瘍や、クル病などの病気が要因となります。

骨折は、1歳ぐらいまでの子犬に多く、まだ精神的にも行動的にも落ち着かないことから、高所から転落して骨折してしまうケースが非常に多いです。
成犬以上の場合は、不慮の事故が圧倒的に多いです。

四肢の骨折が多く、特にチワワなど骨の細い犬種は、骨折に注意が必要です。
また、肥満は骨折リスクを高めます。

主な症状

骨折部位が腫れ上がり、激痛があります。
患部に、熱を持つことも多いです。

四肢の骨折の場合は、足をかばうようにひょこひょこ歩きます。
痛みで、足を床につけないワンちゃんも多いです。
脊髄や骨盤などを骨折してしまいますと、麻痺や排便・排尿障害が起こります。

治療方法

骨折の治療は、骨折部位と骨折の度合い、ワンちゃんの年齢によって決定します。
外科手術で、骨折した骨をもとの正常な位置に戻し、骨が再生してつながるように、ピンやプレートなどで固定するのが一般的な方法です。
軽症の場合は、ギプスを使うこともあります。

術後は、安静が第一です。
運動も制限されます。

骨折の場合、何より予防が第一です。
まずは、家の外に出た際のしつけが重要です。

散歩中は必ずリードを着け、飼い主の指示を良く聞くように教育していきます。
新しい環境や音が苦手なワンちゃんほど、とっさの事に驚いて、パニック状態となり、交通事故に遭遇してしまうことが多いです。
慣れない環境でもいつもどおりに出来る、雷や電車などの音にも慣れさせておくなども、しつけのうちです。

また室内においては、転落事故防止に努め、ワンちゃんが安全に安心して過ごせるお部屋つくりを心がけていきましょう。

また、「骨を丈夫にする」ということも大切です。
バランスの良い食事と適度な運動で、骨の強化を図りましょう。
特に幼少期の食事は、骨の成長に重要です。

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る