肛門周囲腺腫

病気の概要

肛門の周囲には、分泌腺というものが存在します。
精巣から出てくるホルモンの影響で、この分泌腺に腫瘍ができてしまう現象。
それが、肛門周囲腺腫です。

比較的、老犬に多い症状で、去勢していないワンちゃんがなりやすい病気です。
稀に、避妊済みのメスにも発生しますが、圧倒的に、オス犬に多く見られます。
腫瘍自体は、良性のものとなります。

主な症状

肛門周囲腺腫は、肛門の周囲の分泌腺である肛門周囲腺に腫瘍ができますので、硬いしこりが確認できるようになります。
犬自身も気になるようになってくると、お尻を舐めたり、気にしたりする仕草を取るようになってきます。

犬が気にして触ってしまいますと、出血や化膿という形で、患部が悪化してしまうケースもあります。
症状が進行していきますと、潰瘍が出来てしまったり、便を出しづらくなるような状況になることもあります。

治療方法

肛門周囲腺腫は、外科手術治療を行います。
手術で腫瘍摘出手術および、去勢手術を行います。
去勢手術は、再発防止の意味合いで実施します。

腫瘍が大きい場合などは、化学療法や放射線療法をまず行い、腫瘍を小さくしてから外科手術に移るケースもあります。

肛門周囲腺腫では、元々は良性でも悪性に転じてしまうことがありますので、早めの治療が求められます。

この病気の予防策は、去勢手術です。
100パーセント、肛門周囲腺腫を防止出来るという事ではありませんが、若いうちに去勢手術をすることをおすすめします。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る