膵外分泌不全

病気の概要

何らかの原因で、膵臓で消化酵素が生成されなくなってしまい、食物の消化吸収が円滑に行われなくなり、消化不良を起こしてしまうのが、膵外分泌不全です。

膵臓は、内分泌と外分泌とに分かれています。
膵外分泌不全は、外分泌にあたる機能が低下してしまうのです。
この外分泌の機能が、消化酵素の生成です。

結果、栄養不足になってしまい、膵外分泌不全のワンちゃんは食べても食べても太らず痩せているというのが特徴です。

膵外分泌不全の原因は、慢性的な膵炎などの病気および、膵臓の萎縮です。
また、先天性形成不全の場合もあります。

この病気はシェパードに多く見られます。
シェパード以外も比較的、大型犬が膵外分泌不全になりやすいと言われています。

主な症状

一番分かりやすい症状に、脂肪便があります。
便が白っぽく、油を異様多く含んでいる状態です。
臭いも強いです。

また、食べても食べても太らない、やたら食事の量が多いなどの様子が見られたら、膵外分泌不全の可能性があります。

治療方法

消化酵素不足ですので、消化酵素を補っていきます。
どのように補うかといいますと、食事に膵酵素というものを混ぜて与えるという、いたってシンプルな方法です。

注意したいのが、膵酵素だけを与えていればOKということではなく、平行して胃酸の分泌の抑制をしていかなければいけないという点です。
状況に応じて、抗生物質を投薬することもあります。

食事療法も重要です。
何よりも大切なのは、消化しやすい食事を与えること。
脂質が少なく、消化吸収されやすいメニューを考えます。

予防はまず、膵炎にならないような体つくりをしていくこと。
そして、大型犬のオーナーは、先天性形成不全の可能性も認識して、膵外分泌不全に注意していくことです。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る