出血性胃腸炎

病気の概要

出血性胃腸炎は、もともとあった胃や腸の炎症が悪化。
出血を伴う胃腸炎へ、進行してしまった状態のことを指します。

免疫反応によるものという原因も考えられており、急性胃腸炎を起こし、突然、血の混じった嘔吐、下痢の症状を起こす状況になります。

残念ながら、出血性胃腸炎のはっきりした原因は解明できておらず、比較的小型犬、それも年齢が5歳以下のワンちゃんが、出血性胃腸炎になることが多いです。

出血性胃腸炎は症状が突如現れ、ちょっと前まで元気だったワンちゃんが、突然重篤な状態になってしまうという病気です。
ショック状態になるまでの時間が大変短く、命の危険ながある病気なので、元気だったのに突然元気が無くなり嘔吐がはじまったら、何はともあれすぐに動物病院へ駆け込みましょう。

主な症状

急に静かになり、ぐったりしてきたと思うと、血の混じった嘔吐がはじまります。
次第に下痢も始まり、その後あっという間に、ショック状態になってしまいます。
血圧が下がり、体温も同時に下がってきます。

パルボウイルス腸炎という病気と症状が似通っているのですが、出血性胃腸炎の場合は、血液の高度濃縮および、熱が出ない。
白血球の減少が見られないという点で、区別できます。

特徴としては、みるみる体調が変化し、ワンちゃんの様子が尋常な状況ではなくなるというところです。
「出血を伴う症状=重篤である」ということが多いので、出血がみられたら、すぐに獣医師の診察を受けましょう。

治療方法

飼い主にはとにかく、迅速な病院への搬送が求められます。
かかりつけの病院へすぐに連絡を入れ、急いで向かってください。

治療は、輸液を行うことからはじまります。
出血量が多い場合は、輸血を実施します。

ショック状態を改善するために、ステロイドを投与し、様子を見ます。
細菌感染の恐れもあるので、抗生物質を投与することが多いです。

適切な治療が早急にできれば、通常2日ほどで回復に向かいます。
食事に関しては、嘔吐と下痢が収まるまで禁止です。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る