腸閉塞

病気の概要

腸閉塞とは、腸に何かが詰まってしまい、腸管の内容物が正常どおり通らなくなってしまう病気です。
別名、イレウスとも言います。

腸管内の通過障害の程度によって、軽度から重度に分類され、腸が完全に閉塞した状況になりますと、命の危険性もある病気です。

腸閉塞の主な原因は、「誤飲」です。
ボールやおもちゃなどの異物を誤飲してしまうことで、腸が詰まってしまいます。

誤飲以外の原因としては、寄生虫やジステンパーウイルスなどの感染症によって起こる腸重積や腸捻転。
また、癌などの腫瘍や、腸以外の周辺臓器の肥大による圧迫などが挙げられます。

主な症状

腸管内の通過障害の程度によって、軽度から重度に分類されます。
軽度の場合、まず見られるのが嘔吐、下痢、便秘の症状です。

中度になってきますと、元気がなくなり食欲不振、脱水症状などが見受けられるようになります。
当然、体重も落ち、運動を嫌がるようになってきます。

腸が完全に閉塞し、通過障害の程度が重い場合、腹部の激痛がありますので、おなかを丸めるようになり、次第にショック状態になってしまいます。
おなかを丸めるような仕草が見られるようになりましたら、大至急、動物病院へ搬送してください。

治療方法

重度の場合は、ショック症状を緩和した後、外科手術によって腹部を開腹。
異物の除去、および腸管の閉塞部の切除を行います。
脱水症状がひどい場合は、点滴治療を行います。

腸閉塞の主な原因は「誤飲」です。
その為、第一の予防は「しつけ」です。
何でも口にしない、異物を飲み込まないように、しつけることが重要です。

日ごろから、誤飲につながりやすそうなものを、ワンちゃんの周囲に置かないことはもちろんなのですが、飼い主が目を話した時が一番危険ですので、留守や家事の際には必ず、ケージに入れるように飼い主も癖をつけましょう。

また、感染症や寄生虫からワンちゃんを守ることも重要です。
ワクチン接種を、定期的に行いましょう。

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る