膵炎

病気の概要

膵炎は、膵臓がつくる膵液によって消化されて、炎症を起こす病気が膵炎です。
比較的中年から高齢のワンちゃんに多く見られる病気です。
オスメスの発生率は、圧倒的にメスの発生率が高くなっています。

原因は、嘔吐や何らかの異常があり、膵管が詰まってしまった。
不慮の事故で、膵臓に損傷を与えてしまったなどが挙げられます。

それ以外にも、病気が原因で膵炎になるケースもあります。
上皮小体機能亢進症やクッシング症候群は、合併症として膵炎になりやすい病気ですので、注意が必要です。
また、ウイルスや寄生虫への感染、薬物の副作用なども要因となります。

傾向としては、食事に問題があるワンちゃんが膵炎になりやすいと言われております。
脂質の多い食事ばかりを好んで食べる、標準よりかなり太っているワンちゃんは、中年期以降、膵炎の危険伶が高くなりますので、注意が必要です。

主な症状

膵炎には急性のものと慢性のものがあり、その2つの症状は多少異なります。
急性膵炎の場合は、発熱や嘔吐下痢、呼吸が速くなるなどの症状が見受けられます。

症状がひどくなっていくと、強い腹痛が始まります。
背を丸める、後肢は立ったまま、胸と前肢を地面に付けるなどの姿勢や仕草をはじめます。

重度の場合は呼吸困難を伴い、ショック症状が出てしまうと、命の危険性が出てきます。

慢性膵炎の場合は、急性よりも症状は軽くなります。
嘔吐下痢、食欲不振などが、ずっと続きます。

治療方法

内科的治療を行っていきます。
鎮静剤や抗生剤、吐き気止め、蛋白分解酵素阻害剤などを投与します。
同時に絶食を行い、経腸チューブを使った栄養の補給を行います。

膵炎にならないためには、肥満に気をつけることと、バランスの良い食生活を試みることに尽きます。
油脂の多いおやつなどには、特に注意していただきたいです。
また、適度な運動も日課にし、肥満にならない体つくりを心がけていきましょう。

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る