肛門嚢炎

病気の概要

犬には、肛門を中心に時計に例えると4時と8時の左右の位置に、肛門嚢というものがあります。
これはスカンクなどにもある、悪臭のある分泌物を溜め込む袋のことです。

肛門嚢に溜め込まれた分泌物は、通常排便の際などに排出されるのですが、肛門嚢の管が何らかの影響で詰まってしまったりすると、この分泌物が排出されず、肛門嚢にずっと溜まっていきます。
また、ワンちゃんの中には、この分泌物の排出が元々苦手な子もいるようです。

肛門嚢に分泌物が溜まったままになり、そこに細菌が感染してしまうと、肛門嚢炎になってしまいます。

原因は、先にお話したとおり、元々分泌物の排出が得意でないというような犬の個体差。
そして、軟便や下痢の症状、肛門括約筋などの筋力低下などが挙げられます。
肛門嚢炎は、ワンちゃんには大変多い症状で、肛門括約筋の弱い小型犬や肥満犬、老犬に多い病気です。

主な症状

肛門嚢に炎症が起きますので、肛門周辺に痛みや不快感が生じます。
それを回避したいとワンちゃんは、肛門周辺をやたら気にするような仕草を取ったり、お尻を地面にこすりつけたりします。
自分の尾っぽを追いかけて、グルグル回る行動を取るワンちゃんもいます。

肛門嚢炎がひどくなってしまいますと、痛みで鳴きわめいたり、便秘になってしまったり、攻撃的な様子を見せるようになります。
更にひどくなってしまいますと、発熱や出血、膿が出てきたりしてしまいます。

治療方法

細菌感染してしまっていますので、まずは抗生物質を投与します。
そして、原因となる分泌液を出すために、肛門嚢を絞ります。
その後、患部を消毒します。

この病気は、日ごろのケアで簡単に予防できる病気です。
目安は1ヶ月に1度、飼い主が肛門嚢を絞って分泌物を排出してあげます。
病院や美容院で、肛門嚢の絞り方を教えてもらえば、飼い主にも簡単にできます。

ワンちゃんが、肛門を気にする仕草をしたら、肛門嚢を絞る時期だと思って、定期的に肛門嚢絞りを実施してください。
もしどうしても自分で出来ないという場合は、トリミングの時などに、トリマーさんにお願いしましょう。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る