子宮蓄膿症

病気の概要

大腸菌・レンサ球菌・ブドウ球菌などがワンちゃんの子宮内に入ってしまい、細菌感染によって、子宮内に膿が溜まってしまう状態を、子宮蓄膿症と呼びます。
メス犬特有の病気であり、避妊手術を行っていない5歳以上の、比較的高齢のワンちゃんに多くみられる病気です。

また若いワンちゃんでも、繁殖期に危険性が高い病気です。
通常、子宮の中は、免疫機能によって無菌状態となっています。

しかし繁殖期になると、精子を向かい入れ、受精卵を守るため、子宮内の免疫機能が落ちている状態になります。
このような時に、細菌が同時に子宮内に入ってしまうと、子宮蓄膿症になりやすいと言われています。

病気が進行すると、尿毒症や腎不全などの合併症を引き起こします。

主な症状

子宮蓄膿症の症状は、初期段階では無症状のことが多いです。
次第に子宮から濃汁が出るようになり、それに伴い、多飲多尿、食欲や元気が無くなるというような症状が見られるようになります。

病気が悪化していくと、嘔吐や下痢、陰部からの出血や膿汁が出るという症状が出てきます。
尿毒症や腎不全などを併発するケースもあります。
子宮が破れてしまった場合が一番危険で、腹膜炎を併発し、短時間で亡くなってしまいます。

治療方法

子宮蓄膿症の診断は、レントゲン検査とエコー検査でおこないます。
更には、血液検査を行い、白血球の状況を確認します。

レントゲン検査とエコー検査の結果および、白血球の量が3万を超えている場合、子宮蓄膿症と診断されます。
ただ、子宮蓄膿症の末期になりますと、逆に白血球数が減少するため、血液検査だけでは分かり辛い状況になります。

一般的な治療法は、外科手術です。
子宮と卵巣を摘出します。

繁殖を希望している場合、内科治療で、抗生物質やホルモン剤などを投与し様子を見ますが、子宮蓄膿症に関しては、再発の危険度が高い病気だけに、基本的には内科治療はお勧めできません。

予防策は、避妊手術です。
繁殖を求めていない場合は、若い体力があるうちに避妊手術を行うことで、子宮蓄膿症を予防できます。

【無料メール講座】
愛犬の犬の気持ちを理解する編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る