乳腺腫瘍

病気の概要

乳腺腫瘍とは、メスのワンちゃんの乳房やその周辺の皮下にしこりが出来る病気です。
比較的、発症率の高い病気であり、50パーセントの確立で悪性の腫瘍です。
悪性とは、つまりは乳腺ガン・乳ガンの事を指します。

乳腺腫瘍の原因は、いまだはっきりしていません。
高齢のワンちゃんに多いことから、女性ホルモンが関係していると言われています。
出産の有無における発症率は、関係ないとする意見と、関係ありとする意見に分かれています。

乳腺腫瘍は、大きくなっていったり、他の臓器に転移したりと進行していきます。
転移してしまいますと、命の危険性が出てまいります。

主な症状

乳腺にしこりが出来ます。
通常、しこりが大きくなることで、飼い主が気が付く事が多いです。
しこりの肥大化は、比較的スピードが速く、1ヶ月から2ヶ月で大きくなっていきます。

他の腫瘍の場合、発熱やリンパ節の異常などが見受けられるケースが多いですが、乳腺腫瘍にはそれが見られないというところが特徴です。

治療方法

治療は一般的に、外科的治療となります。
これは、良性の場合も悪性の場合も同様です。
1センチ以下のしこりであれば、切除手術でほぼ完治します。

高齢で手術が難しいケースや、ガンが転移してしまっている場合は、化学・薬物療法および、抗がん剤を使用することもあります。 
獣医師および、飼い主の意向によっては、放射線治療やホルモン治療を行う場合もありますが、人間同様、転移の危険性および、再発の可能性を考えて行うべきでしょう。

乳腺腫瘍を完治させるために重要なことは、早期発見・早期治療です。
ワンちゃんが5歳を過ぎたら時折、おなかをなでる時に、乳腺のチェックをしてあげましょう。

やり方は、簡単です。
やさしく乳腺をつまんで、しこりがあるか無いかを確認するだけです。

また予防策としては、早期の避妊手術が大変有効であるとされています。
繁殖を考えていない場合は、1歳前後で卵巣を除去する避妊手術をお勧めします。
避妊手術は、他の婦人科系疾患予防にも効果絶大です。

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る