糸球体腎炎

病気の概要

糸球体とは、腎臓内にあるネフロンという部分にある毛細血管の塊です。
血液をろ過するために、存在しています。
糸球体腎炎とは、この糸球体が炎症を起こしてしまう病気です。

残念ながら、糸球体腎炎のはっきりとした原因は不明です。
ただ、関連性が強い病気は分かっていて、フィラリア症、犬伝染性肝炎、免疫介在性溶血性貧血、膵炎、クッシング症候群、リンパ系疾患、ライム病などが、関連する病気として有名です。

また、糸球体腎炎になりやすい犬種が、7ある程度特定されていることから、遺伝性の原因もあると考えられています。
また何らかの原因で、免疫が糸球体を攻撃してしまって発症するという説もあります。

糸球体腎炎は、大半のワンちゃんが7歳齢以上で発症しています。

主な症状

初期の症状として特徴的なのが、蛋白尿です。
蛋白の出てしまう量については、個体差があります。

蛋白尿以外に異変が出ないケースもあれば、食欲と体重の減少が見られるワンちゃんもいます。
ひどくなってくると、腹水が溜まってしまうこともあります。

糸球体腎炎の主な合併症は、高血圧症と血栓症です。
高血圧などが原因となって眼圧が上がり、眼底出血や網膜剥離などが併発することがあります。

また徐々に、腎不全と同様の症状も見られるようになっていきます。

治療方法

糸球体腎炎になってしまった原因および、糸球体腎炎の症状によって治療は異なります。

状況に応じて、輸液利尿剤投与を行います。
ホルモン治療を行うケースもあります。
腎不全や高血圧や血栓塞栓症になってしまっている場合は、それらの治療を並行して行っていきます。

糸球体腎炎の予防は、その原因となりうる病気を発症しないような健康管理が大切です。
バランスの良い食生活と適度な運動が出来るように、飼い主が工夫していきましょう。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る