食道内異物

病気の概要

ワンちゃんが、食べ物以外のものを誤って口にして、飲み込んでしまった際に食道に物が詰まってしまうことがあります。
また、食べ物であっても、その食べたものによっては、食道に詰まってしまうこともあります。
これを、食道内異物といいます。

食道内に異物が詰まってしまった場合は、早急に対処することが求められます。
飼い主がその誤飲の瞬間を見ていれば、何を食べたのかも分かりますし、すぐに動物病院へ連れて行くことも出来るので良いのですが、飼い主が見ていないところで誤飲することも多いので、症状的な異変で、「もしかして?」と疑う目を持っていることが重要です。

犬がよく飲み込んでしまう異物は、スーパーボールや梅干や桃の種などの球状のもの、ボタンやお金など扁平状のもの、ビニール袋やゴム手袋などの、布状のもの、アイスの棒や串などの棒状のものなどがあります。

また、意外と多いのが、ジャーキーや砂肝などです。
ハムやリンゴなども、詰まらせてしまうワンちゃんもいます。
食べ物だからといって、侮れません。

主な症状

食道に物が詰まってしまいますと、食道の横の気管を圧迫してしまうので、呼吸困難症状が出てしまいます。
また、咳が出たり、吐き気が起きたりという様子も見られます。
詰まりかた次第ですが、ノド部分から異音が聞こえることもあります。

治療方法

異物誤飲を目撃した、もしくは疑わしき症状がある場合は、すぐに動物病院を受診しましょう。

まずは、超音波検査とレントゲン検査を行います。
バリウムを飲ませることが多いです。

その結果を受けて、内視鏡で取れるものだと判断すれば、麻酔をつかい内視鏡で慎重に取り出します。
内視鏡では難しいとなりますと、外科手術で摘出することになります。

手術の場合は、数日間入院となり、点滴治療を行います。
しばらくは、食事が取れません。

ちょっとした、飼い主の気の緩みで起こりがちな誤飲。
内視鏡で、運よく取れれば大事にはなりませんが、手術となると入院になるだけではなく、ワンちゃん自身へのリスクも大きくなります。

食道内異物を防止するには、何でもかんでも口に入れないように、しつけをしていくことです。
そして飼い主が、生活環境内に危険なものを放置しないようにしていくことが重要です。
また、食べ物であっても、詰まらせてしまうことがありますので、詰まらないような大きさにカットしてあげる配慮も必要でしょう。

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る