前庭障害(前庭炎・前庭神経炎)

病気の概要

高齢のワンちゃんの多く見られる病気の一つに、前庭障害があります。
これは、脳神経の前庭神経に炎症が起こってしまうことが原因となり、平衡感覚が保てなくなる傷害です。

前庭神経は、三半規管とコンビを組んで平衡感覚を保つ役割を担っています。
ですので、この前庭神経に異常が出てくると、頭や体を上手くコントロールできなくなっていきます。

前庭神経の炎症がなぜ起こるかのメカニズムは、はっきりと解明されておりません。
しかし前庭神経は、鼓膜の奥のほうに存在しているため、外耳炎、中耳炎などに代表される、耳関連の疾患などが原因となる可能性が高いとされています。

また、ストレスなどの環境や精神的な要因もあると考えられています。
この場合は、原因は1つではなく、色々なことが合わさって前庭障害という形で現れているというケースが多いようです。

主な症状

前庭障害は、何の前ぶれも無く突然起こります。
突然症状が出るケースが多いだけに、飼い主が何が起こったのかとびっくりしてしまうと思います。

頭をかしげる仕草をしたり、ぐるぐる回ったりまっすぐ歩けなくなるなどの症状が出てきます。
目線も一定方向に向かず、眼球が意味も無く動いたり、眼球震盪という眼球が震えるような動きをすることもあります。

治療方法

診断は、犬の様子や仕草を観察することで行います。
前庭障害は、独特の動きをするので、獣医師であればすぐに診断できます。

治療は、副腎皮質ホルモン薬やビタミン剤を投薬します。
迅速な治療が出来れば、1週間ほどで完治できる病気です。
早急な治療が大切な障害ですので、急いで動物病院を受診してください。

予防策は特にありませんが、耳の病気に関連して起こる場合がありますので、耳の病気および異常にすぐに飼い主が気が付き、適切な治療を行うことで、前庭障害を予防できるケースもあります。

また、ワンちゃんの生活環境が良好であることも重要です。
バランスの良い食生活に適度な運動、ストレスフリーな毎日をおくれるように努力していきましょう。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る