椎間板ヘルニア

病気の概要

脊椎を形成している椎骨をつないでいる椎間板に、負荷がかかったり老化することで、椎間板が損傷して起こるのが、椎間板ヘルニアです。
椎間板内の髄核が飛び出して、神経細胞を圧迫してしまうことで、神経麻痺や激痛が起こります。

椎間板ヘルニアは、胴体が長いダックスフントなどの犬種に多い症状として有名です。
また、軟骨異栄養症性犬種であるペキニーズ、コッカスパニエル、ビーグルなどにも多く、若齢期から発症する兆候が見受けられます。
これ以外の犬種の場合、椎間板ヘルニアは、加齢に伴って多くなります。

神経麻痺が軽度のうちに、治療を始めるのがベストです。
症状が進行し、神経細胞が壊死してしまうと、完治は困難となってしまう病気です。
重症になると、半身不随になってしまう可能性もあります。

椎間板ヘルニアの原因は、加齢による椎間板の老化は勿論、肥満などで椎間板に負担がかかる状況を作ってしまっていることや、激しい運動を繰り返しているなどが挙げられます。

主な症状

首部分の椎間板ヘルニアの場合は、首の痛みや、神経麻痺によって歩行が困難になることが多いです。
胸や腰の椎間板ヘルニアの場合は、背中や腰の痛みや、神経麻痺によって歩行困難、排便・排尿困難などがあります。

どちらの椎間板のヘルニアにおいても、重度になりますと歩くことはもとより、立ち上がることも出来なくなってきます。
半身不随などになってしまうケースもあります。

治療方法

軽度の場合は内科的治療で、副腎皮質ホルモンなどの薬で様子を見ます。
内科的治療では改善の兆しが見えない場合は、外科的治療に移ります。

手術では、骨の一部を切除する方法をとります。
手術をしてしまいますと、予後に不安がある病気ですので、リハビリが必須になってきます。

リハビリは、マッサージ、屈伸運動、指圧、温浴リハビリなど、色々な方法があります。
獣医師に、ワンちゃんに適したリハビリを相談してみましょう。

椎間板ヘルニアは、内科的治療で治りづらく、かといって外科手術を行ってしまうと、予後が芳しくないという病気です。
それだけに、椎間板ヘルニアにならないのが一番です。

予防としては、椎間板ヘルニアになりやすい犬種というのは分かっていますので、なりやすい犬種は幼少の頃より、激しい運動は控え、脊椎に負担をかけないような生活環境を整えていきましょう。

室内にはカーペットをひいて、ワンちゃんが歩きやすいようにし、階段などをあまり上り下りさせないように注意します。
肥満は、椎間板ヘルニアに近づいてしまいますので、食事に気をつけ、健康管理に注力していきましょう。

【無料メール講座】
老犬との暮らし編【全34回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る