ジアルジア症

病気の概要

ジアルジアという寄生虫がワンちゃんの小腸に寄生する病気を、ジアルジア症と呼びます。
人獣共通感染症の一つですので、人間も同様の病気を発症する事があります。

卵形で外における抵抗力を持っている「シスト」というものを、何らかの拍子に犬が口にすることで経口感染します。
このシストは、犬の便として体内から排出されます。

その為、感染原因として一番多いのが、飼い主の糞の放置です。
シストが排出されている糞を、屋外に放置することで、土壌や水溜りにこのシストが存在することとなり、その土や水を、他のワンちゃんが舐めたり飲んだりすることで、ジアルジア症になってしまうという流れです。

それ以外には、繁殖場やペットショップなど、多数飼育しているような場所で、集団感染が起こりがちです。

主な症状

ジアルジア症は、感染率が高い寄生虫疾患で、子犬に多くみられます。
もちろん成犬にも寄生しますが、無症状であることが多いです。

子犬の場合は、まず臭いのきつい下痢が出ます。
下痢が長引いてしまうと、発育に影響が出たり、体重が落ちたりし始めます。
他の細菌感染のリスクが高くなり、治療が遅れると、二次感染をしてしまい、致命的な状況になってしまうこともあります。

基本的に、寄生虫感染症は、下痢を伴う症状が出ることが多いので、下痢が続く子犬は、寄生虫感染症を疑い、早めに動物病院を受診するようにしましょう。

治療方法

ジアルジア症の診断は、検便です。
ジアルジア抗原検査のキットを使って、診断していきます。

ジアルジア症の治療は、内科的治療です。
抗生物質および駆除薬を投与します。

予防は、散歩時のしつけです。
水溜りなどの水を飲んだり、他のワンちゃんの糞のにおいを嗅いだりしないように、しつけをしていきましょう。
そして飼い主は、ジアルジア症を他の動物に感染させないよう、散歩中は糞をきちんと自身で処理するように心がけましょう。

多頭飼いのご家庭は、他の犬にも抗生物質および駆除薬を投与し、ワンちゃんの生活環境の洗浄を徹底してください。
ジアルジアやシストには、熱湯消毒が有効です。
ケージなどは全て、熱湯消毒を試みましょう。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る