根尖周囲膿瘍

病気の概要

根尖周囲膿瘍と聞くと、あまり聞きなれない名前かもしれません。
簡単に言いますと、歯の根元に炎症が起きてしまっう病気です。
別名、歯槽膿瘍、歯根周囲膿瘍とも呼びます。

炎症といっても軽いものではなく、膿瘍が出来る状態になるもので、根尖周囲膿瘍は、比較的年齢の高いワンちゃんに多く見られます。

根尖周囲膿瘍の原因の多くは、外部からの影響によるものです。
たとえば怪我で歯が折れてしまったり、長年硬いものを食べていることから、歯が磨耗したりすることで、歯の内側にある疎線維性結合組織である歯髄が表に出てしまい、そこが細菌感染してしまって、膿瘍ができるという流れです。

また、歯髄が表に出なくても、歯周病の悪化が原因で、根尖周囲膿瘍になってしまうケースもあります。

主な症状

根尖周囲膿瘍は、なかなか症状が出ず、気が付かないことが多い病気です。
進行してくると、根尖周囲膿瘍になっていない片側の歯のみで食べ物を噛んでいたり、食べること自体を嫌がるようになったり、硬い食べ物を避けるようになったりし始めるので、気が付く飼い主さんもいます。

炎症がひどくなってくると、骨が溶け、膿が飛び出してしまう事があります。
口と鼻腔が貫通し、鼻からの出血や鼻汁などの症状が出てきます。

治療方法

膿瘍の状況によって、治療の方法が変わります。
通常は、抜歯処置もしくは、歯髄の充填を行います。
その上で、抗生物質を投与し、細菌感染治療を行います。

根尖周囲膿瘍は、外部からの影響を最小限にすることで、予防できます。
日常的に、あまりにも硬いものを噛ませないなど、注意をしていきましょう。

その上で、歯周病も気をつけていきます。
そのためには、歯磨きの習慣が第一です。
歯磨きをきちんと行い、その上で毎日の食事は、歯垢が溜まり辛いものを与えていきましょう。

高齢になってくると、毎日の歯磨きだけでは、なかなか歯周病をケアしきれなくなります。
そうなりましたら、獣医さんに定期的な歯石除去をしてもらうようにした方が良いでしょう。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る