歯周病

病気の概要

歯茎の炎症のことを、歯肉炎。
歯肉炎が進行し、歯の土台となっている骨や膜が壊れてしまうことを歯周炎と呼びます。
この2つの症状をまとめて、歯周病と呼びます。

歯周病の原因の多くは、口内の不潔さです。
歯垢などが溜まっているのに、それを飼い主がケアせず放置していると、歯垢で繁殖した細菌が歯肉に炎症を起こし始めるのです。

これが原因で、歯肉炎が始まります。
そしてそれが、歯周炎へと進行していくのです。

歯垢除去を、きちんと行っていないと歯垢が歯石となり、その上にまた歯垢が蓄積しそして歯石となり…という形で、どんどん溜まります。
特に老犬となると、更に歯垢も歯石も溜まりやすくなることから、歯周病になってしまうのです。

主な症状

まず最初は、歯肉に変化が出てきます。
炎症を起こし、ピンク色だった歯肉が赤くなり、少し腫れてきます。

進行していくと、口臭、口内出血などが見られるようになります。
同時に痛みも出てくるので、食事の時に痛そうにしていたり、食べるのがゆっくりになったりします。

更に悪くなると、歯がぐらぐらしてきて、歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病は放置しておくと、口内トラブルだけではなく、そこから入り込んだ歯周病菌が、血流を伝って内臓に到達し、内臓疾患を併発する恐ろしい病気です。

治療方法

歯周病は、その進行状況によって、治療方法が全く異なります。
初期ですと正直なところ、大げさな治療ということは必要なく、毎日しっかり歯磨きをする習慣をつけて歯垢や歯石を取り、口内を清潔に保つことで自然に治ります。

しかし歯周病が進行していると、歯垢・歯石を取り除くスケーリングを行わなければいけません。
ただこれは犬の場合、人間ほど簡単にはいかず、麻酔を使っての処置となります。

また、重度の歯周病になってしまっている場合は、抜歯を行わなければなりません。

その為、愛犬の健康および歯を守りたいのであれば、小さい頃からの歯磨き習慣が重要になってきます。
更には、ガムや歯垢のつきにくいフードを与え、予防していくことも大切です。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る