虫歯

病気の概要

口内で細菌繁殖して、酸で歯に穴が開いてしまった状態を虫歯といいます。
虫歯は、細菌のかたまりである歯垢が歯に溜まり、その歯垢が酸を発生させます。

その酸が、歯の表面に着きます。
酸は、歯の表面を保護しているエナメル質を溶かしてしまい、その下の象牙質と歯髄を削り、虫歯になり、痛くなるのが虫歯です。

ワンちゃんが虫歯になる原因は、人間と同様です。

まずは、歯磨きをサボったり、手を抜いたりするということです。
定期的な歯磨きをきちんとしていれば、歯垢が溜まるのを防ぐことが出来ます。
しかしそれを怠ると、虫歯の根本的原因となる歯垢が口内に溜まってしまうのです。

次に挙げられる原因は、歯の隙間にたまりやすい食事や、甘いものばかりを、エサとして与え続けていると、当然ですが虫歯の原因となります。

主な症状

口内に虫歯が出来ると、愛犬の口臭がきつくなっていきます。
歯に穴が開いたり、歯の色が変わります。

痛みがあるので、エサを食べたがらなくなったり、痛みがある反対側の歯で、食事を噛むようになります。

治療方法

虫歯の部分を削り、そこに詰め物をして虫歯を治していきます。
虫歯の進行が進んでおり、歯髄への損傷が激しい場合は、歯髄除去を行います。
更に悪い場合は、抜歯となってしまいます。

大切な愛犬が、大切な歯を失わないためにも、歯磨きをきちんと行うことが、飼い主の務めです。
更には、歯に良い食事を心がけ、歯に悪いものは、日常的に与えないように気をつけていきましょう。

高齢のワンちゃんになりますと、歯ブラシだけでは歯垢除去が困難となっていきます。
定期的に、獣医師に歯垢除去をお願いすると良いでしょう。

【無料メール講座】
愛犬の健康管理編【全38回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る