アトピー性皮膚炎

病気の概要

アレルギーの原因はアレルゲンです。
人間同様、犬にもアトピー性皮膚炎という疾患があり、何らかのアレルゲンが呼吸器や皮膚から体内に入ることで起こるものです。

アレルゲンは、ダニや埃、花粉、薬品、食物など色々なものがあります。
侵入してきたアレルゲンに対して、免疫グロブリンがたくさん生産され、皮膚に炎症を引き起こすのです。

また犬の場合、遺伝的な特性もあります。
レトリバー系、テリア系、シーズー、シェットランド・シープドッグなど、犬種によってですが、アトピー性皮膚炎になりやすいワンちゃんもいます。

主な症状

皮膚が、ただれたりカサカサしたりします。
かゆみが出るので、その場所を掻いたりする仕草をします。
部位は脇、足の付け根、耳や目周囲、足の先などに良く皮膚炎症状が出ます。

遺伝的なものは、幼犬の頃から見られることも多いです。
それ以外のものは、歳を取ってから発症する場合もあれば、若い頃から症状が出る場合もあります。
生活環境がダイレクトに反応に出るので、生活環境の変化で、急にアレルゲンに反応するようになる場合も多いです。

治療方法

一番大切なのは、アレルゲンの特定と排除です。
ダニやノミなどが原因の場合は、ケージや生活環境を徹底的に掃除します。
食べ物などの場合は、その食べ物の除去食を与えます。

膿皮症、疥癬などの他の病気が、アトピー性皮膚炎をひどくしている場合は、その基礎疾患の治療を並行して行っていきます。

それと同時に、内科的治療を行います。
ステロイドや抗ヒスタミン薬など使って、皮膚炎を緩和していきます。

食事においては、脂肪酸がアトピー性皮膚炎緩和につながるとされていますので、積極的に取り入れていきましょう。

カサカサしている皮膚炎の場合は、保湿も重要です。
プロビレングリコールやグリセリンなどで、保湿をしていきます。

基本的には、人間のアトピー性皮膚炎の場合と、ほぼ同じ治療です。
「体質」ということも多く、なかなか完治は難しいですし、秋冬などに、決まってひどくなるワンちゃんもいます。

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る