ノミアレルギー性皮膚炎

病気の概要

ノミアレルギー性皮膚炎は、ノミがいるワンちゃんに起こりやすい皮膚炎です。
ノミの唾液が原因で、皮膚が赤くなり痒くなる皮膚炎です。
まずは愛犬に、ノミがいるかどうかを確認することが必要になります。

犬の身体をじっくり確認してみます。
褐色の小さな虫を確認できれば、それがノミです。

1ミリぐらいの小さな虫なので、良く見えない場合は、ワンちゃんの身体をティッシュなどで拭いてみましょう。
赤いしみがついたら、それはノミの糞です。
また、小さな米粒のようなものがティッシュについたら、それはノミの卵です

犬に寄生するノミは、人間も刺咬します。

主な症状

まず最初に見られるのが、小さな赤い発疹です。
かゆみを伴いますので、ワンちゃんは痒くて掻いたり舐めたりします。
部分的に毛が抜けたり、ひどいと貧血症状が出るケースもあります。

治療方法

ノミアレルギー性皮膚炎の場合、最初に大切なのはノミの駆除です。
ノミを退治する薬剤やシャンプーをして、ノミを死滅させます。

その上で、犬の生活環境にいるノミの駆除を行います。
これらをきちんと行わないと、いくら対症療法で治療をしていっても、同じことの繰り返しになります。
対症療法では、抗アレルギー薬や抗掻痒薬を使って、炎症やかゆみを軽減していきます。

予防は、何よりも愛犬にノミを寄生させないことです。
ノミ予防薬には色々なタイプがあります。
個体によっては、副作用が出る事もありますので、ワンちゃんにあったものを用意し、ノミ予防を行っていきましょう。

そして、生活環境の衛生面も重要です。
ケージや犬舎は、こまめに洗浄・除菌を遂行し、いつでも綺麗な状態を保ちます。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る