マラセチア感染症

病気の概要

マラセチア酵母菌とは、真菌です。
つまりはカビの一種です。

このマラセチア酵母菌という菌は、元々、犬の皮膚に存在しています。
マラセチア酵母菌はカビの一種ですので、乾燥が苦手。
そこで、犬の陰部やわきの下、耳、首などに寄生しています。

通常量の常在菌量であれば問題なのですが、抵抗力や免疫力が低下したり、犬がストレスを抱えていたり、生活環境が不衛生で、犬の身体が不潔だったりすると、マラセチア酵母菌が通常量よりも増えてしまいます。
また持病で、アトピー性皮膚炎があると、マラセチア酵母菌が繁殖しやすくなります。

この時、皮膚炎が起こります。
これを、マラセチア感染症と呼びます。

主な症状

マラセチア感染症の特徴的な症状は、皮膚のべたつきと独特なにおいです。
その後、激しい痒みが襲い、フケが出たり、毛が抜けたりし始めます。

耳の中でマラセチア感染症が起こるケースもあり、見た目がこげ茶色になり、耳垢が油っぽくなります。
独特なにおいも、感じると思います。

治療方法

マラセチア感染症の特効薬は、抗真菌剤です。
塗り薬と、飲み薬の併用で治療していきます。

アトピー性皮膚炎などの基礎疾患が原因の場合は、こちらの治療にも注力します。
ただし、アトピー性皮膚炎の治療だけを継続すると、マラセチア感染症を悪化させるという最悪な状況になってしまいますので、獣医師との相談が重要になってきます。

マラセチア感染症は、状況によっては予防も出来る皮膚炎です。
マラセチア酵母菌が好む、じめじめした環境を作らず、雨の多い季節などの生活環境に注意しましょう。

犬の体を常に清潔に保つことが大切ですので、シャンプーを定期的に行い、シャンプーの後は、ドライヤーできちんと乾かします。

免疫力や抵抗力が落ちると、マラセチア酵母菌が異常繁殖します。
それゆえに、ワンちゃんの健康管理が大切です。

栄養のバランスの取れた食事と、適度な運動を行いましょう。
食事は、なるべく脂質の少ないものを与えましょう。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る