脂漏症

病気の概要

 
皮脂が過剰に分泌してしまうことが原因で、皮膚が角質化してしまう状況を脂漏症といいます。

脂漏症は、遺伝性のものと、他の原因性のものがあります。
遺伝性のものは、ホルモン分泌の異常や染色体遺伝で起こるといわれています。
脂漏症を発症しやすい犬種があり、コッカースパニエル、パグ、ビーグル、バッセットハウンド、シーズーなどです。

他の原因性のものについては、脂質の多い食生活やビタミンやミネラル不足、アレルギー体質、ステロイドの副作用、免疫力の低下などが挙げられます。

犬の皮膚は、人間のそれと比較すると、相当薄いです。
それだけに、外からの刺激を受けやすいのです。

また、脂漏症には2種類あり、乾性と湿性に分けられています。

主な症状

脂漏臭という悪臭がしたり、毛が抜けてベトベトしたりします。
かゆみも強く、掻いたりする仕草も見受けられます。
皮膚が乾燥すると、フケが発生したり、発疹が出たりし始めます。

治療方法

脂漏症を発症している部分の毛を刈り、患部をきれいにします。
その後、抗生物質の塗り薬と飲み薬を併用して、治療にあたります。

また、脂漏症を発症してしまったら、抗脂漏シャンプーを使用します。
ただし、あまり洗いすぎると逆効果なので、必要な皮脂は残るようにしなければいけません。

脂漏症の治療は、長期戦です。
根気強く、治療していきましょう。

脂漏症の予防は、まずは肥満防止です。
脂漏症になるワンちゃんには、やはり肥満が多いのです。
食生活を見直し、栄養バランスの取れた食事を与えるように心がけましょう。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る