疥癬症

病気の概要

疥癬症とは、無気門亜目ヒゼンダニ科のダニである「ヒゼンダニ」が、ワンちゃんに寄生して起こる皮膚病です。

感染ルートは主に、ヒゼンダニが既に寄生している犬との接触です。
また、直接の接触でなくても、ブラシなどを介して間接的な接触でも感染します。

疥癬症は犬だけでなく、人間にも寄生します。
寄生しているワンちゃんと知らずに接触することで、人も疥癬症になってしまいますから、注意が必要です。

主な症状

疥癬症の特徴的な症状が、激しい痒みです。
最初は、発疹が出るのですが、それが次第に痒くなっていきます。

患部の痒みがあまりにもひどく、かきむしってしまうことで皮膚に傷がついてしまい、症状が悪化します。
症状が悪化してくると、フケや毛が抜け落ちるという症状が出てきます。
更に悪化すると、傷口が化膿してしまうこともあります。

治療方法

まずは、ヒゼンダニを殺す効果のある飲み薬と塗り薬で、治療していきます。
重度の場合は、抗生物質を投与します。

治療には、生活面を見直す必要があり、まずは生活環境の徹底的な洗浄と殺ダニ作用のある薬剤で消毒を行います。
多頭飼いの場合は、他の動物にも寄生している可能性が強いので、検査を行います。

予防は何と言っても、疥癬症およびヒゼンダニが寄生している動物との接触を避けることです。

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る