耳血腫

病気の概要

耳の耳介という部分に血液や分泌液が溜まってしまって、膨らんでしまう状況を、耳血腫といいます。

耳血腫の原因は色々あります。
耳のかゆみを伴う疾患、たとえば、外耳炎やアトピー性皮膚炎などになり、耳を掻き毟ってしまったり、喧嘩などで耳を咬まれてしまったり、どこかに耳をぶつけてしまったりすることで、耳血腫になります。

また、頭を振ったり、耳介が元々大きいなど、耳介に負担がかかる行為や耳質も、耳血腫の原因となります。
免疫の異常も原因の一つと考えられていますが、詳しいことは分かっていません。

主な症状

耳介に血液や分泌液が溜まってしまうので、耳が腫れあがります。
患部は、痛痒くなり、熱を持ちます。
ワンちゃんは、耳を触られるのを嫌がるようになります。

治療方法

耳血腫の治療は、まずは耳介に溜まってしまった分泌液もしくは血液を排出することになります。
注射器を使った吸引、もしくは切開手術を行います。

その後、傷口の炎症および細菌感染を防ぐために、抗生物質とステロイド剤を投薬します。
処置後に、ワンちゃんが患部を気にして触ってはいけないので、エリザベスカラーをつけて、保護します。

外耳炎などの疾患がある場合は、その治療を並行して行っていきます。

ゴールデンレトリバー、バセットハウンド、ビーグルなど、もともと耳介が大きいワンちゃんは、耳血腫になりやすいので、外耳炎などになった時は放置せず、早めの治療をすることで、耳血腫を予防できます。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る