内耳炎

病気の概要

耳の奥のほうには、内耳と呼ばれる場所があります。
この内耳に炎症が起きた状態を、内耳炎といいます。

内耳はとても大切な場所で、聴神経と前庭神経があります。
これは、聴覚と平衡感覚を司る神経です。
内耳炎は、この神経のいずれかに炎症が起きる状態となります。

内耳炎の原因は、細菌感染が多いです。
また、外耳炎などを起こし、そこから併発する形で発症するケースもあります。

主な症状

平衡感覚を失い、上手く歩けなくなります。
全体的に傾いた姿勢になっていたり、目が回っている状況の眼振がおこります。

目が回るので、徐々に気持ちが悪くなり、吐き気や嘔吐が出てきます。
聴神経に異常が出てくると、難聴の状態となります。

治療方法

内耳炎は、外耳炎や中耳炎などの病気から併発して起こった場合は、その基礎疾患の治療を優先して行います。
細菌感染してしまって内耳炎になった場合は、抗生物質を投与します。

内耳炎を予防するには、まずは中耳炎や外耳炎にならないことです。
もし万が一、中耳炎や外耳炎なってしまったら、それらの治療をなるべく早くスタートし、確実に完治するまで治療を続けることが重要です。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る