白内障

病気の概要

目の水晶体が、白濁する病気が白内障です。
症状は、人間の白内障と同様です。

白内障には2種類あり、先天性白内障と後天性白内障があります。
先天性白内障は、生まれつき水晶体が白濁してしまっている場合と、若年期に遺伝で白内障になるものがあります。

後天性白内障は、外傷によるものや代謝性疾患によるもの、そして他の眼科的病気との合併症があります。
また、老犬に多い、加齢による原因のものも多いです。

主な症状

白内障の症状は、大変分かりやすい特徴的なものです。
見た目で分かる変化が、水晶体の白濁です。
それに伴って、視力が落ちていきます。

視力が低下してくると、歩行困難が起こり、怪我などにもつながりますが、元々犬はそれほど視力が良い動物ではないので、初期の頃は、比較的普通に歩けます。
白内障は初期段階で気付き、早期治療を行うべき病気なのですが、それゆえに、飼い主が白内障に気が付くのが遅れる傾向があります。

白内障は進行に伴い、視力を失う病気です。
原因によってその進行度は異なるため、場合によっては、急速に視力が落ちる場合もあれば、長年に渡り、徐々に進行していくケースもあります。

治療方法

白内障の治療ポイントは、早期発見・早期治療です。
初期段階では、目薬と飲み薬を使い、白内障の進行を抑制できます。

ただし、白内障が進行し、白濁がひどく歩行困難が生じている場合などは、外科手術での治療となります。
外科手術で白内障が良くなり、視力が戻るケースが多いのですが、それは網膜の萎縮が始まっていない状況に限られます。
網膜の委縮がはじまってしまっている場合は、外科手術をしても視力は戻りません。
その為、手術を行う前に、網膜の検査をします。

糖尿病を代表する、代謝性疾患が原因となる白内障の場合は、その疾患の治療を優先的に行います。

白内障治療は早めの発見がポイントですが、それがなかなか難しいのが現状です。
それだけに、白内障の原因となる他疾患も含め、定期的な健康診断が、完治のための有効な手段となります。

【無料メール講座】
愛犬の長生きの秘訣編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る