流涙症

病気の概要

眼から涙が常に出てしまう状況を、流涙症といいます。

涙が目頭や鼻横を常に流れているので、ワンちゃんの被毛に、変色してこびりついてしまいます。
これを、涙やけといいます。
涙やけは、マルチーズやシーズーなどでよく見かけると思います。

流涙症の原因は、色々考えられます。
涙小管が詰まってしまっていたりとか、異物の目への侵入、結膜炎や角膜炎などの疾患、鼻炎の影響、老化などによる眼輪筋の衰えなどです。

また、原因不明の涙の過剰分泌という場合もあります。

主な症状

とにかく常に、涙が止まりません。
それゆえに、涙やけができ、鼻横に湿疹が出来てしまうこともあります。
また、目やにも増えます。

治療方法

結膜炎や角膜炎、鼻炎などが原因となっている場合はまず、基礎疾患を治していきましょう。
異物が目の中に入っている場合は、そのごみを点眼などで洗い流します。

涙小管が詰まってしまっている場合は、カニューレで洗浄を行います。
この場合は麻酔をしなければいけないので、思った以上に大がかりです。

流涙症の予防策の1つとして、トリミングで目の周りの被毛をきちんとカットし、異物が混入しないようにする方法があります。
毛の長いワンちゃんには、有効な予防法です。

【無料メール講座】
愛犬の抜け毛対策編【全9回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る