緑内障

病気の概要

眼圧が通常よりも高くなることで、犬の視覚に障害が起こる病気を緑内障といいます。
緑内障には大きく分類して3種類あり、先天性緑内障と後天性緑内障、原発性緑内障があります。

先天性緑内障は、先天的に隅角に異常があるために起こるものです。
後天性緑内障は、 続発性緑内障とも呼びます。
これは、別の目の疾患が原因で起こるもので、水晶体脱臼、ブドウ膜炎などがその原因となります。

原発性緑内障は、遺伝的な要因と考えられており、起こりやすい犬種が分かっています。
シベリアン・ハスキーやアメリカン・コッカー・スパニエル、柴犬などの犬種で多くみられます。

主な症状

緑内障の症状には、急性緑内障と慢性緑内障の2種類があります。

急性緑内障の場合は、眼圧が高くなる状態が急激に起こります。
そのため、充血や眼の浮腫が起こり、瞳が青灰色に見えるようになります。

激痛を伴うので、涙が出て、顔に触れられるのを拒むようになります。
まぶたの痙攣も見られます。
徐々に衰弱していき、食欲も落ちていきます。

慢性緑内障は、慢性的な経過のものとなり、じわじわと進行していきます。
急性緑内障と比較すると、眼圧が低く、痛みなども弱くなります。
基本的な症状は、急性緑内障と同様です。

急性緑内障と慢性緑内障いずれも、最悪は失明に至りますが、慢性緑内障の場合はそこに至るまでに時間がかかるのに対し、急性緑内障は、眼圧によっては早いと2日ほどで失明に至るケースがあります。

治療方法

緑内障の治療は、眼圧をコントロールすることが求められます。
なぜなら、根治は難しい為です。

まずは、眼圧を測定する検査器具を使った、眼圧の測定を実施。
緑内障の治療方法は、内科的治療と外科的治療がありますが、この結果を受けて、緑内障の種類や程度を判別し、治療の選択を行っていきます。

内科的治療は目薬を毎日使用し、眼圧を下げていきます。
定期的に眼圧を測定し、どのぐらい薬の効果が出ているかをチェックしながら、目薬のチョイスと治療を進めていきます。

外科的治療は、眼球内注射やレーザー治療などを行います。
既に失明し、痛みだけが残っている場合は、眼球摘出手術を行う事もありますが、見た目的に問題があるため、最近では、眼球内シリコン義眼挿入手術を行うケースが多いです。

緑内障の予防は困難ですし、完治も難しい病気です。
しかし、発病してしまった時に、早期発見・早期治療を行うことで、緑内障の眼圧を上手にコントロールできれば、進行を抑え、失明を免れるケースもあります。

早期発見のためには、定期的な健康診断が大切です。
特に、遺伝的な要因と考えられている原発性緑内障を起こしやすい犬種の場合は、気を付けていきましょう。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る