動物病院との賢い付き合い方

まずはかかりつけ病院を見つける

人間を診る病院でも総合病院と開業医があります。総合病院のメリットはどのような病気にも対処できる設備と医師がいて、救急救命も対応できることですね。デメリットは定期的に医師が転勤するため、治療が長くかかる病気でも医師が変わってしまうというケースがあること、利用者が多くて待ち時間が長いことが上げられます。

では、開業医はどうでしょう?大きな病気や怪我の治療はできなくても紹介状を書いてもらって総合病院で対応できます。風邪などの軽い病気、怪我ならば総合病院に行かなくても治療できますし、何よりかかりつけで医師が変わらないという利点がありますね。

動物病院との付き合い方も、これと同じことがいえます。たとえ小さくても家からそう遠くない距離に良心的な動物病院があれば、まずそこをかかりつけの病院にします。定期的な健康診断や予防接種、軽い病気など、かかりつけの病院で十分に対処できるでしょう。かかりつけの病院が決まったら、その獣医に聞いておくことがあります。それは、どの程度までの病気を扱えるのか、対処できない時は大きな病院を紹介してもらえるか、という点ですね。

犬の救急体制が整っている病院を見つける

動物病院には人間の総合病院に相当する、設備とスタッフが整った病院はそれほど多くありません。そういった病院は当然、人気があるので待ち時間も長くなります。かかりつけの病院から、大きな病院への紹介状があれば速やかな対処も行えます。かかりつけの病院が大手動物病院とのコネクションを持っていることは、利用する側にとってとても大切なことなのです。

大手の動物病院だからといって、必ずしも救急患者を受入れてくれるとは限りませんし、24時間対応というわけでもありません。したがって近隣で24時間対応の動物病院があることを確認しておくことも必要です。都市部ではペットのための救急車がありますが、地方では自分で動物病院まで搬送しなければならないケースが多いでしょう。24時間対応の動物病院まで行くルートと所要時間を事前に確認しておけば、夜間、救急が必要になった時、慌てずに速やかに搬送することができます。

動物病院との賢い付き合い方をするためには、小規模で構わないから良心的なかかりつけの病院へ行くこと、その病院が大きな手術や重い病気も診てくれる大手動物病院へのコネクションを持っていること、それから24時間対応の病院を調べておくこと、この3点を最低限、知っておくことです。

【無料メール講座】
ドッグオーナー基礎知識編【全22回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る