予防接種は必ず受ける

予防接種で防げる病気がある

どれほど元気で体力のある人間でも、外部から病原体である細菌が侵入してきたら必ず病気になります。そのために人間は生後3腫混合の予防接種、小学校に入ってからはBCGの予防接種を行うように予防接種法が定められています。

犬にも同じような法律がありますね。居住している市町村に登録した犬は年に1回、狂犬病予防の注射を受けさせなければいけません。狂犬病は現在でも確実な治療法が見つかっておらず、罹患すると100%死に至る病です。愛犬を守ると同時に、狂犬病が広まらないためにも予防接種は必ず受けてください。

他にも予防接種で防げる病気がいくつもあります。仔犬や若い犬が罹りやすく生存率の低い犬ジステンバーや犬伝染性肝炎、犬パルボウイルス感染症や犬パラインフルエンザなど。人間と同じように仔犬は抵抗力がないので、早めに予防接種を行っておく必要があります。

仔犬の時はコアワクチンのみの接種を

現在、主流となっている予防接種の仕方は生後42日目に1回めの予防接種、その後1ヶ月おきに2回行い、以後は1年に1回というサイクルです。生後、仔犬は母親から授乳する際に抗体を受け継ぎますが、この抗体は42~150日で消滅してしまいます。

そこで消滅の危険性を回避するために1回めを、2回めはまだ母親から引き継いだ抗体が残っていて、自ら抗体を作っていない可能性があると想定してのこと、最後の1回はまだ受け継いだ抗体が残っていることを考慮して念のため行います。

この予防接種、病気を防ぐためとはいえ、仔犬の時から多種混合ワクチンを接種することはある意味、危険です。ワクチンは病原体ウィルスの毒素を弱めた抗原なので、副作用を起こす場合があります。もちろん命に関わるということは稀なケースですが、体力のない仔犬には万全の注意が必要です。

ワクチン接種には主にコアワクチンと呼ばれる5種混合と8種、あるいは9種混合があります。生後第1回めの接種はせめて5種混合に留めておくのが望ましいとされています。ワクチン接種は動物病院によって、あるいは混合の種類によって若干の違いはありますが、1回約5,000~10,000円ぐらい。年に1回、この価格で重篤となる病気を防げるのですから、けっして高い金額ではありませんね。

【無料メール講座】
愛犬のデンタルケア編【全13回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ピックアップ記事

  • 避妊の必要性

    発情期に入った雌の行動は本能的 生まれて間もない仔…

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る