デンタルケアについて

口腔内病気で怖い歯周病

人間と犬は歯の形が違っても構造が同じなので、口腔内を清潔にしていないと病気にかかります。口腔内の病気で怖いのが歯周病。放っておくと口腔内で炎症を引き起こしている細菌が皮膚にまで達し、顔に穴を開ける外歯瘻(がいしろう)という病気まで発症させてしまいます。

犬の歯は先が尖っており、噛むことによって食べ物をハサミのように切り裂く役目を持っています。これに対して人間の歯は食べ物を噛み砕いて奥歯ですり潰す役目を持っています。人間のように歯と歯の間が密集していないので虫歯になりにくいのが犬の歯の特徴ですが、歯が生える過程や歯の材質は人間と同じなので、人間と同じ口腔内の病気にかかることがあります。それが歯周病ですね。

ドッグフードのように柔らかく噛み砕いたり切り裂く必要のない食事を与えていると口腔内にカス発生、これが歯の表面や歯と歯肉の間、いわゆる歯肉ポケットに溜まります。これが歯垢ですね。本来、犬の歯は人間と同じように真っ白ですが、この歯石が溜まり始めると歯は黄色くなり、表面が石灰化するため歯石が取れにくくなります。

表面は石灰化して固くなりますが、歯肉ポケットでは細菌の繁殖が進んでいき、最初は歯肉炎、やがて歯根膜炎、歯槽膿漏症、そして歯周病に発展していきます。口の周りが汚れるようになったり強い口臭を感じるようになったり、あるいは食事中に口からポロポロ食べ物をこぼすようになったら口の中の病気を疑いましょう。

ゆっくり慣らしてからデンタルケアを

歯周病を予防するにはデンタルケアが大切です。とは言っても難しいことではなく、日々の歯磨き。これだけで十分に予防策となるのです。ただ、犬にしてみれば人間のように歯を磨くという習慣がないので飼い主が磨いてやらなければなりません。いきなり歯磨きをしようとすると嫌がるのが普通で、以後、歯ブラシを見ただけで逃げてしまう犬もいます。最初は歯磨きをせずに口の回りを触るなどして、犬が少しずつ慣れていくようにしましょう。

歯を触ることになれたら、いよいよ歯ブラシの登場です。でもいきなり歯ブラシで歯を擦るのではなく、最初は歯ブラシでじゃらす程度に慣れさせることから始めてください。歯の磨き方はとくに犬専用というものはなく、人間と同じように歯の根元、歯肉ポケットをきれいにするようなつもりで磨きましょう。

犬の口臭予防や衛星用品としてスプレータイプなどもありますが、これらは歯磨きと併用することで効果を上げることができます。歯周病が怖いからといって毎日歯磨きをする必要はありません。1日おきで十分です。むしろ毎日行うと犬がストレスを感じる結果になることもあるのでご注意を。

すでに歯石が溜まってしまった状態では動物病院で取り除くしかありませんが、この歯石を取るためには全身麻酔をかけなければなりません。1度や2度なら危険性はありませんが、短い期間で繰り返し行うことは犬に取って危険なことになりますので、1度、動物病院で歯石を除去したら必ずこまめなデンタルケアをしてください。

【無料メール講座】
愛犬の食事管理編【全14回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

関連記事

ピックアップ記事

迷子犬・猫掲示板

迷子犬・迷子猫掲示板はこちら
【無料】迷子の子別に専用ページを作り、Twitterで情報の拡散をお手伝いします。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る