上皮小体機能亢進症・低下症

病気の概要

上皮小体機能亢進症

上皮小体とは、別名、副甲状腺とも言います。
これは、甲状腺の周りの左右にあるものです。

上皮小体では、ホルモンの一種であるパラソルモンが分泌されています。
パラソルモンは、体中のカルシウム濃度をコントロールする役割を担っています。
このパラソルモンの分泌が異常に増えてしまう症状を、上皮小体機能亢進症といいます。

上皮小体機能亢進症の特徴は、原発性、腎性、栄養性の3種類に分類できることです。

原発性の原因は、上皮小体自身の過形成です。
犬の上皮小体機能亢進症の多くが、この原発性と言われています。

腎性とは、腎機能の低下が原因となっているものです。
腎機能が低下すると、必要なカルシウムが排出されてしまいます。
これをどうにかしようと、パラソルモンの分泌が増えてしまうのです。

最後に栄養性とは、食事バランスの悪さと、日光浴不足が原因となるものです。

上皮小体機能低下症

上皮小体機能亢進症の逆に、パラソルモンの分泌が不十分となることで、低カルシウム血症を引き起こす症状を、上皮小体機能低下症といいます。

上皮小体機能低下症の原因は、様々です。
先天性、外傷性、医原性の3種類に分類できます。

生まれつき、上皮小体の機能が弱いワンちゃんが、先天性です。
外傷性は、頸部に外傷や腫瘍があるケースです。
最後に医原性の場合は、別の病気で甲状腺切除術をした際に、上皮小体に損傷を追ってしまったというものです。

主な症状

上皮小体機能亢進症

食欲が低下し、元気も無くなります。
多飲多尿や嘔吐、おもらしの症状が見受けられます。
重症になってくると、骨が弱くなり骨折したり、筋肉萎縮および尿結石などが起こります。

上皮小体機能低下症

元気がなくなり、痙攣発作や後肢麻痺などの症状が出てきます。
筋肉の持続的硬直なども見られます。
呼吸が速くなったり、発熱や白内障なども出るケースもあります。

治療方法

上皮小体機能亢進症

原発性、腎性、栄養性それぞれ、治療方法が異なります。
ですのでまずは、ワンちゃんの上皮小体機能亢進症が、この3種のどれにあたるのかを診察します。

原発性の場合は、外科治療となります。
上皮小体の切除手術を行います。
上皮小体は、甲状腺の周りの左右2つずつあるのですが、この4つとも大きくなってしまっている場合は、1つだけ残して摘出します。
術後は必要に応じて、カルシウム投与などを行い、体内のカルシウム濃度を調整します。

腎性のケースでは、カルシウム製剤や活性型ビタミンDを使ってリンの抑制を行います。
また、栄養性の場合には、食事療法になります。
カルシウム、リン、ビタミンDをバランスよく摂取できる食生活にシフトし、日光浴をしっかり行います。

栄養性の上皮小体機能亢進症の場合は、食事を中心とした生活面をきちんとしていれば、確実に予防できます。
腎性も、腎臓疾患に注意していけばある程度は、予防できるでしょう。

ワンちゃんに一番多いとされる原発性は、予防が困難です。
早期発見、早期治療が大切ですので、定期的な健康診断を行うことで、早期発見を目指しましょう。

上皮小体機能低下症

上皮小体機能低下症は、血液内のカルシウム濃度を適正値にすることが求められます。
ですので治療は内科的治療で、カルシウムの補充とビタミンDの投与を行います。
重症の場合は、発作や麻痺が心配ですので、それを抑えるために、静脈内にグルコン酸カルシウムを使用します。

症状が落ち着いてきますと、食事療法に切り替え、食事からのカルシウム摂取を行うようにしていくケースもありますが、長期的にカルシウムの補充とビタミンDの投与が必要なワンちゃんも多いです。

上皮小体機能低下症の予防策は、頚部の損傷に注意することです。
お散歩や運動時には、飼い主も気をつけていきましょう。

【無料メール講座】
愛犬の肥満・ダイエット編【全20回】目次はコチラ

プレゼントのお知らせ

6月のプレゼント【ペット専用ステンレス水筒「H2O4K9」シルバー】(3名様)

応募はこちらから

ページ上部へ戻る